社内

良好な人間関係があなたの仕事のスピードを上げる

営業職は人間対人間でやる仕事なので人間関係におけるストレスが多い職種と言える。

そのためいかに円滑に人間関係を構築しスムーズに仕事を進めることが重要である。

人間関係のいざこざで仕事が中断してしまうのはもったいない

最もつまらないのはちょっとした人間関係のいざこざでスムーズに仕事が進まないことだ。

円滑に進んでいれば順調に成果が残せたことも人間関係におけるとしたズレによって仕事が進まず仕事が中断してしまうのは非常にもったいない。

どんな時間短縮スキルよりも人間関係構築が大事

仕事のスピードと言う面では時間短縮における様々なスキルがあると思うがそのスキルをいくら駆使したところで良い人間関係が構築できていなければ成果を出すまでにトータル的に時間を費やすことになる。

いくら優れた時間短縮スキルもトラブルを回避できる能力がなければ何の意味も持たない。

例えばExcelの様々なショートカットや数式を覚えていて他の人よりも2倍の速さで作業が効率よくできる社員がいたとする。

だが社内社外問わず連携がうまく取れず

トラブルが相次ぐような人は危険だ。

なぜなら、人間関係を苦手とする人はそれが理由で起きる様々なトラブルに膨大な時間を使い、Excelの高度スキルで短縮した時間の多く、いや、それ以上の時間を残念ながら使ってしまうだろう。

こうした流れて結果的に仕事が遅い人と烙印を押されることはよくあることだ。

良い人間関係を築くために

仕事を滞りなく進めるためには人間関係が必要であることはお分かりいただけただろうが、

人間関係の構築は何をすれば良いのか。

大きく分けて3つだけ。

1つは、きちんとお礼を言う。

2つは、相手ファースト精神。

3つは、圧倒的な成果を出す。

特に1つ目は超簡単だ。簡単だからこそ故に、きちんと出来ていない人は周りの人からマイナスイメージを持たれやすい。

2つ目は、人にとことん尽くすこと。とにかくgive,give,give….

3つ目の圧倒的な成果は、日々コツコツと目標から逆算して行動していくのみである。詳しいノウハウはまた別記事で紹介するが、

とにかく圧倒的な成果さえ出せば、あなたが多くを語るより圧倒的に周りの人に与えるインパクトが強い。

数字として明確にあらわれるため説得力が段違いなのだ。

この積み重ねであなたという存在を評価してくれる人が増えるだろう。

要はあなたのファンだ。

ここまできたら、あなたのやるべきプロジェクトに対して手を差し伸べて協力してくれる人が必ず出てくる。

圧倒的なスピード感で、仕事ができるようになる。

以上